So-net無料ブログ作成

三年生編 第83話(7) [小説]

「ただいまー」

「お帰り。どうだった?」

「すっごいかわいい女の子。あんなかわいい赤ちゃん、初め
て見た」

「あっらあ! 奥さん似?」

「間違いなくそうだね。ベビーモデルになれるわ」

「へえー。名前は?」

「睦美だってさ。伊予田睦美」

「あら、意外に地味」

「奥さんのお父さんがキラキラばっか考えたから、大変だっ
たみたいよ」

ぎゃははははっ!
母さんと、ばか笑いする。

「ともあれ、無事に生まれてよかったわね」

「うん、そう思う。順調だよなあ。五条さん、光輪さんと来
て、あとは会長、宇戸野さん、片桐さんかあ……」

「みんな、安産だといいね」

そっか……。
五条さん、光輪さんの奥さんは二十代だけど、あとはみんな
高齢出産になるんだもんなあ。

「僕らは安産祈願するしかないね」

「そうそう。で、御園さんは、気分転換出来てた?」

ああ、やっぱりか。
しゃらにかかっている強いストレスは、母さんにもちゃんと
見えていたんだろう。

今はお母さんのお世話があるから、しゃらは僕のところに気
軽に来れなくなってる。
学校では毎日顔を合わせてるって言っても、衆人環視の中で
いちゃつくことは出来ない。
それに僕の受験勉強もあるから、二人だけで過ごせるオフの
時間が本当に少なくなってるんだ。

もちろん、電話やメールでのやり取りは毎日欠かさずしてる
よ。
でもしゃらは、僕との直接の接点が細っていることに強い不
安と苛立ちを覚えているだろう。

ここが……僕らの堪え時だよな。

「すっごい弾けてたよ。ばんこほどではないにしても、しゃ
らは赤ちゃんや小さな子供が好きだよなー」

「うふふ。優しいよねえ」

「年下の子に好かれるタイプだよ。部活でも、三年の中では
後輩たちに一番頼りにされてるんじゃないかな」

「へえー」

「偉ぶらないし、態度が柔らかいからね」

「そっかあ」

「そこらへんは、実生とちょっと違うね。実生はもっとはっ
きり自己主張する。最後に折れちゃうけど」

母さんが苦笑した。

「やっぱりかー」

「そこが、最後に我を張るしゃらと違うんだ。ただ……どっ
ちもどっちなんだよね」

「分かる。実生は最後に自分が傷つく。御園さんは、最後に
孤立する……ってことでしょ?」

「そう。もちろん状況に依存する話だから、なんとも言えな
いけどね。二人とも、今はすごく友だちに恵まれてると思う
から」

「心配し過ぎない方がいいってことか……」

「今は大丈夫だと思うよ。今は、ね」

ふうっ。

「十月にお父さんのお店が新規開店になったら。しゃら的に
はだいぶ楽になると思う。進路の見通しもはっきりしてくる
し、これまでと違って職住が一つになるから、移動がね」

「あ、そうかあ。行き来の手間がなくなるってことね」

「そう。そこから先は、僕も本当に受験に集中出来る」

「ふう……そうなのよね」

「でも。そこからさ。いろいろ出て来そうなのは」

「自分の周りが落ち着いたら、視線がいっちゃんに向いちゃ
うってことでしょ?」

「どんぴ」

そういうこと。
微妙な時期に、しゃらとの距離をどうやって調整するか。
それは、親にも友だちにも頼れないんだ。

不安を抱えているのは、しゃらだけじゃないよ。
僕だってそうなんだ。
でも、それを何とかこなしていかないとさ……。

ふと窓の向こうに目を移したら。
母さんが買ったんだろう。窓際にダンギクの鉢植えがぽんと
置いてあった。

どんどん咲き上がる淡青色の花。
残り少ない夏を静かに燃やし続けている。
それが咲き終わる頃には……僕の高校最後の夏休みも終わる
んだろう。

毎日を、何もかもいいことばかりで塗り潰すことは出来ない。
だからこそ。

いいことがあった時。
おめでたいことがあった時。
小さくても幸運をつかめた時。
いつでも、それを素直に喜べる自分でありたい。

積み重ねた不安や心配に負けたくはない。
負けたくは……ない。

「さて。もう一踏ん張りするわ」

「おやつは持ってく?」

「いや、下に降りる」

「おけー。がんばってね」

「うす!」




dangiku.jpg
今日の花:ダンギクCaryopteris incana




nice!(76)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 76

コメント 4

JUNKO

紫色の花、いろいろあるんですね。素敵な色です。
by JUNKO (2018-08-28 11:26) 

reorio

素直に喜べる自分か・・・
捻くれモノの天邪鬼としてはとても憧れる、
喉から手が出るほど欲しいモノだ(TへT)
by reorio (2018-08-29 17:13) 

水円 岳

>JUNKOさん

コメントありがとうございます。(^^)

キクと付いていますがシソ科で、紫の他に白や
ピンクの品種もあるようです。

わたしは、この上品な紫が好きですけどね。(^^)

by 水円 岳 (2018-08-30 08:19) 

水円 岳

>reorioさん

コメントありがとうございます。(^^)

わはは。わたしも直球大嫌いなので、どうしても
余計な一言が多くなりますね。(^^;;

まあ、それも個性のうちということで。(^m^)

by 水円 岳 (2018-08-30 08:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。